わが家の必須アイテム「ドーバーパストリーゼ77」がすごい!

f:id:m-descartes:20190210122704j:image

2年前くらいに息子が扁桃腺の手術のために入院したことがあった。もちろんヨメさんは付き添いで泊まり込みなので、1週間くらい娘と二人暮らしをすることとなる。そのとき何を勢い込んだのか家事を一生懸命しなければならないという使命感から、家事全般のやり方を書いた本を読み漁った。いま思えばたった1週間ごときに何をしているのだろうと後悔したものだが、その中で一冊だけ興味深く読み、そこで取り上げられていた「ドーバーパストリーゼ77」なるアルコール除菌スプレーを今になっても使っている。読んだ本というのはこれ。

おさよさんの無理なくつづく家事ぐせ

おさよさんの無理なくつづく家事ぐせ

 

 この「ドーバーパストリーゼ77」というのはネットでも話題の商品で、ものすごく使い勝手のいいアルコール除菌スプレーである。まず、なにが普通のアルコール除菌スプレーと違うかというと、そのアルコール濃度である。「77」というのがその濃度を表していて77%もあり、普通のアルコール除菌スプレーだとだいたい20%から40%くらいなのでその濃さがよくわかる。また緑茶のカテキンが入っているため、除菌効果が長くなるという。

そういう特殊なつくりになっている「ドーバーパストリーゼ77」は本当にさまざまな使い方ができる。「家事ぐせ」の著者である「おさよさん」は「ドーバーパストリーゼ77」を使って子どもの「虫よけ」まで作るというアイデアマンで、ものすごく参考になる使い方をさまざまに紹介している。まあ、そこまではなかなかできるものではないけれど、参考にはならないかもしれないが、わが家の使い方を紹介しよう。

1.台所、テーブル、鏡まで何でも拭き掃除

もちろん何でも拭くことができる。いちばん驚いたのが鏡を拭いたときだ。シュッと鏡に直接吹きつけて、乾いたぞうきんで拭き取るとものすごくピカピカになる。また、蛇口などの手あかがついてたまらないステンレス製のものなどにも「ドーバーパストリーゼ77」を使ってふき取ると見違えるようにピカピカになる。あと、衛生のためにテーブルはいつも「ドーバーパストリーゼ77」をシュッとしてから拭いているのは言うまでもない。

2.除菌のため、まな板やふきんに吹きつける

ドーバーパストリーゼ77」のアルコール濃度が高いのと緑茶のカテキン作用により除菌効果が長いということを信じて、まな板やふきん、あと食器などにもシュッシュッとしている。まあ、バイ菌は目に見えないし本当に効果があるのかどうかはわからないのだけれど、目に見える効果として実感できるのはふきんが臭くならないことがあげられる。普通ならば使ったままにしたふきんは翌日にはあの独特の悪臭がするというのに、まったくしなくなったのには驚いた。ニオイの素は雑菌というから、やはり除菌力が高いに違いない。

3.トーストや野菜に吹きつける

ドーバーパストリーゼ77」はアルコールということもあって、体内に入っても被害はない。もちろん口の中に直接シュッとしたり、飲んだりしたらノドが焼けついて悶絶することは間違いない。それでびっくりしたのだけれど、トーストやキャベツなどの葉物野菜にシュッとすることができる。そうするとなんと、いつもならカビてしまうトーストもカビないし、野菜は変に黒ずんだりすることがなくなるのである。これも除菌効果である。あと、弁当を詰める前に弁当箱にシュッとすることで夏場などの食中毒なども防げるそうである。

4.靴にシュッとすることで靴の異臭が消える

これには本当に驚いた。クレヨンしんちゃんの父ちゃんのように足クサ激臭のわたしのの靴は、娘から最臭兵器と呼ばれるほど臭い。それがものは試しと「ドーバーパストリーゼ77」を靴の中、外へとシュッシュッとするとあら不思議、黄色い色が目に見えそうなほど臭かったわたしの靴のにおいが消えるのである。わたしとおなじく足クサ激臭の知人にこのことを教えて実践してもらったところ、やはりニオイが消えたらしくびっくりしていた。ふきんと同じように、足のニオイの素も雑菌なので「ドーバーパストリーゼ77」の強力な除菌効果で消し去ってくれているのであろう。今では靴だけではなく、家に帰ったら直接足に吹きかけている。おかげで家庭は円満だ。

以上がわが家の「ドーバーパストリーゼ77」の使い方だが、5Lもの詰替え容器を買うほどの使用頻度で使い倒している。もう手放せないほど素晴らしい商品である。まあ、「ドーバーパストリーゼ77」1本あたり1000円と普通のアルコール除菌スプレーの3倍くらいの価格はするのだけれど、効果の実感からしたら5倍以上の満足度なので買って損はないと思う。試しに使ってみてはいかがだろうか?