社員に裏切られ怒りに震えた日

これから書くことはわたしの怒りのはけ口として書く。冷静でいられないほど怒ったり悩んだりしたときは、書くことでストレスを和らげるというデータもあるらしいので、このままだと明日たいへんなことになると思い、ここに書く。ま、わたしの日記だからね、断らなくてもいいんだが。それにしてもここまで怒り心頭したのは久々である。では何に怒っているのか。

何か月か前に社員を募集したときに、募集がくるかどうかあまり期待していなかったのだがハローワークに掲載された翌日、朝一番にうちの会社で働きたいという希望者がいるとの連絡を受けた。こんなに早く募集が来るとはびっくりしたのだけれど、男性で年齢的にも募集の要件に見合っていたので面接をすることにした。

その男性を面接すると、うちの業界と同じような会社で働き、リーダー的な役割もしていたようで経歴的には問題ない。ただ、表情がないというか寡黙というか、ちょっととっつきにくいなというのが印象に残る。それでもうちのような会社に来てくれる人材としては申し分ないと思い、後日採用の連絡をして働いてもらうことになった。

 働いてもらうとその男性は(これから寡黙なのっぽ君と呼ぶ)、同じような業界でリーダーもしていたこともあり、仕事は早いし教えるべきこともほとんどないという優秀なヤツだった。数か月働くうちに他の社員と仲良くやっているみたいで少し安心したのだけれど、ただ、ちょっと気になったのはあまり挨拶をしないことだ。朝、寡黙なのっぽ君が出社して事務所に入ってくるときには一応みんながいる手前、挨拶はする。しかし、そのあとに事務所にいなかった人や遅番でやってくる人に対して、こちらから挨拶しない限り、ぜったいに自分から挨拶することはない。その点が気になるといえば気になるところではあった。

まあ、挨拶ができてないからどうのこうのと今更ながら教育するなど、バカみたいなのでしない。わたしはどちらか言うと自分から進んで挨拶するほうなので、そういう自分から挨拶できない人間の気持ちはわからない。あるとき同僚にその話をしたら「恥ずかしがり屋だから自分から挨拶ができないのでは?」という。まあ、そんなもんかなとも思う。たしかに、挨拶以外にも自分から進んで質問をしたりすることはあまりないし、恥ずかしがり屋なのかなと思わせるようなイメージを持てなくもない。

そんなこんなで年が明けて、来期に向けていろいろ人事的な配置などを考えていた。寡黙なのっぽ君は入社して以来、平社員のする基本的な仕事だけを任されていたけれど、今後はサブリーダー的な役割もしてもらおうと思った。うちの部署では基本、リーダーが1人で仕切るという風潮があったが、今のリーダは正直に言うとちょっと頼りないので、経験値の高い寡黙なのっぽ君をサブにつけて二人三脚で頑張ってもらおうという計画である。

今期の始まりにはいつも社員各個別に面接をするのだけれど、寡黙なのっぽ君の番になったとき面接しながら人事変更の件を伝えた。「今までの業界の経験を活かしサブリーダーとしてリーダーを補佐してほしい。これからは現場のことはリーダーとあなたに任せる。また、現状で効率の悪い作業の見直しなどをどんどんやってほしい」と申し渡した。本人は相変わらず寡黙で「わかりました」とだけ簡潔に回答する。その表情からは何も読み取れず、少し不気味な感じはしたのだけれど今後の手腕に期待するほうが大きかったので、その時は何も気にしなかった。が!そのあと寡黙なのっぽ君は牙をむくことになろうとは予想もしなかった。

全体朝礼にて人事変更の件を伝達し、寡黙なのっぽ君の件もみんなに伝えた。今までの寡黙なのっぽ君の仕事ぶりから、それは当然だ的な雰囲気があり、すんなりとみんなの理解を得られた。

その朝礼直後、寡黙なのっぽ君がわたしのところへやってきて、こう言った。「パートのAさんとBさんをこの部門の担当者にしようと思っています」といきなり言ってきたのだ。AさんとBさんは長時間働けるパートさんなのだが、自由に動ける人材として担当をつけていなかった。本人たちも担当を持つという責任を取りたくないと以前に言っていたので、寡黙なのっぽ君の提言にびっくりしてしまった。わたしは「本人たちの了解は取ってあるの?」と聞くともちろんとってあるという。まあ、現場は任せたといった手前、「わかった」といってその場を後にしたのだが「大丈夫か?」ともおもった。

そして何よりびっくりしたのが、今まで寡黙だったのっぽ君が威圧的なまでの言動で提言してきたことだ。その言葉にはこれは決まったことであるという暗黙の圧力があった。恥ずかしがり屋で無口じゃなかったのか、寡黙なのっぽ君…。これからは「威圧なのっぽ君」と呼ぶが、事件はその後に起こったのである。

サブリーダーになってからの威圧なのっぽ君は今までと別人なのではないかというくらい、ああでもないこうでもないと相談というか思いのたけをぶつけているというか、みんなとコミュニケーションをとっている。まあ、たまに言っていることを聞くが、ちょっと細かいんじゃないと思ったけれどその時は気にしなかった。

しかし、あるとき長年勤めている社員と談笑していたと、威圧なのっぽ君の話になった。「威圧なのっぽ君、サブリーダーになってからどうなの?」とわたしが聞くと、相手はちょっと困ったな、みたいな顔をして「けっこう言うことが細かくてね、あそこはだめだ、こうしたらいいとか、おおくのダメ出しをする。リーダーも押され気味というかタジタジだ」という。なんかヤバイ方向に行こうとしてちょっと不安だなと思った矢先、話の流れで聞き捨てならないことを聞いてしまった。

「威圧的なのっぽ君、けっこうずけずけものを言うよ、前の態度は何だったのかね。ははははは。まあ、ほんとか冗談か知らないけどこの前、最近来ている新人の研修生いるでしょ?来月、違う部署に異動になるじゃないか。そのときあんたも一緒に行ってしまえばいいのに、だって。ほんとよく言うよ、ははははは」

そのときは「へえそう」と思ったのだが、あとから考えると、オレが新人研修生と部署を変わればいいって?え?それって邪魔だということなのか!とめちゃくちゃ怒りがわいてきた。威圧なのっぽ君を採用し、サブリーダに引き上げたこのわたしを邪魔者扱いとは、どんだけナメているんだと身が震えるほどに怒ってしまった。

じつはこれほど怒るのにはまだ訳がある。威圧なのっぽ君を面接したとき社員を募集した理由は、2つ向こう隣の市にある他の部署の社員の補充だった。だが威圧なのっぽ君は今の部署がある市に住んでおり通勤距離が遠いため、勤務地の条件にはあわなかったのだけれど、これだけの年齢や経歴で断るのはもったいないということで採用したのだ。そして代わりに週に2,3回ほど、わたしが他の部署の応援という形で朝早くから出勤している。つまり、ほんとうは威圧なのっぽ君が行くところを私は朝早く起きてご飯も食べずに車を走らせて行ってやっているのだ!そのことを知らないわけがないのに、その仕打ち!

2重3重の意味で恩義をかけたつもりなのにそういう思われかたをしていたとは…。それも直属の上司に対して、他の社員の前でぬけぬけとナメたことをを言っている。それもまだ入社して1年もたっていないヤツにだ。そして、少しばかり冷静になったところで考えた。そんな上司や会社をナメた威圧なのっぽ君をこのままのさばらせたら、いつか他のみんなにも迷惑がかかるだろう。クビだ!あしたクビにする!解雇だ!と怒りなのか屁理屈なのかわからないがそのように決断した次第である。

一応、その話をしてくれた同僚に「威圧なのっぽ君をクビにする」ことを伝えた。すると同僚は「いや、ちょっとまってくれ。そんなに怒るようなことじゃない。あれは冗談で言ったと思うし、そんな言い方だった。てか、そんなこと言ったのか?聞き間違いかもしれない。それにオレしか知らないことお前が知ったということで、オレが言ったことバレるだろ、やめてくれよ」と、尋常じゃないわたしの怒りを感じ取った同僚が取り乱してしまった。わたしは「ナメられて怒っていることも確かだが、上司や会社をナメながらいろいろされると、ゆくゆく困るはみんなだと思うんだが」といったけれど、「いやいや、まだサブリーダーに着任したばかりだし、もう少し様子を見たらどう?それとお前をナメた態度といっても実際は直接しているわけでもないだろ?だから、な、な、落ち着けって」とめちゃくちゃ説得してくる。

わたしは、そう言われればそうだなと少しばかり冷静になってきたので、「わかった、今回のことは聞かなかったことにする。少し様子を見よう」と言ってその場はおさめた。しかし、ちょっとでもナメた態度を直接見せたり、みんなの不満がたまっていくときは即行動するとクギを刺しておいたのはいうまでもない。

しかし、家に帰ると考えれば考えるほど怒りがまたふつふつと沸き上がり、どうしようもなくなったので今にいたり、この記事を書いている。そして、やはり書くことは感情を和らげる効果があるのかすごく落ち着いてきた。まあ、たしかに上司の文句を陰でいうやつはごまんといるし、たまたま同僚が言わなくてもいいことをわたしに言ってしまっただけで、威圧なのっぽ君はわたしに対してナメた態度をとっているわけでもない。書いていくうちにそう思い落ち着いたのだ。いやはや、今日、威圧なのっぽ君が休みでよかった。もし、いたら同僚に言うことなく、直接、威圧なのっぽ君に解雇宣告をしていたこだろう。おそらく怒りに任せて罵詈雑言も言ったかもしれない。

というわけで、いつもの穏やかな紳士であるわたしに戻った。威圧なのっぽ君もサブリーダーに着任したばかりだし、いきなりの豹変には驚いたがしばらく様子を見ることにする。しかし、人は見かけによらないものである。あらためて、私にはひとを見る目のないことがわかってしまった…。