男性更年期によく効き、イライラが劇的になくなったのは「ナイアシン」のおかげだ!

40代を過ぎたあたりからものすごくイライラすることが多くなった。何に対してイライラするというわけでもなく、内から湧き上がる抑えきれないイライラだ。だからちょっとしたことで怒ったり朝から不機嫌な顔をしていたりと、かなり回りに迷惑をかけたように思う。なのでこれではいけないと思い、いろいろ原因を調べてみた。

すると、どうも軽い「男性更年期」らしい。病院へ行っていないので正しいのかわからないけれども、ネットで調べた症状からするとけっこう当たっている。そして「男性更年期」の原因が加齢による男性ホルモンの減少にあることがわかった。とくに40代を過ぎたあたりから急激に男性ホルモンは減少する。

いまに思えば怪しいのだけれど、男性ホルモンの減少を防ぐために「マカ」や「トッカントアリ」などのサプリメントがいいとネットに書いてあった。バカなわたしは間に受けて、小林製薬の「マカ」やオリヒロのなんだか得体の知れない「トッカントアリ」などを飲んだりした。だが、けっこう継続して飲んだが効いてるのか効いてないのかわからないし、相変わらずイライラは続くのでやはり効かなかったのだろう。金の無駄だった。

そしてあるとき、雑誌だったか立ち読みした本だったか今になっては忘れたけれど、男性更年期になる原因のひとつに「ナイアシン不足」があるという。それでしっかりとナイアシンを摂取すれば、男性更年期が改善されると書いてあった。それでナイアシンとは何か?

ナイアシンとは「ビタミンB3」のこと

「ナイアシン」とは「ビタミンB群」の仲間で「ビタミンB3」のことである。別名「ニコチン酸アミド」ともいう。くわしくはこちらのサイトにも書いてある。

www.orthomolecular.jp

そしてナイアシンは「アルコール」を分解するときにも必要な要素らしい。それで、わたしの「男性更年期もどき」のイライラの原因がわかった。わたしは他人が聞けばおそらくは引くだろうというくらいお酒を飲む。毎晩である。だいたい500mlのビールを1本。350mlの発泡酒を3本。そして夏は焼酎のロック、冬は焼酎のお湯割を3杯から4杯は飲む。一日の適切なアルコール摂取量を軽く、はるかに超えている。これではナイアシン不足になるわけだと納得した。

そこで早速ナイアシン不足を解消しようと、どんなものを食べればよいか調べた。するとナイアシンが多く含まれるものに「カツオやサバなどの魚介類」「豚レバーや鶏ささみなどの肉類」に多く含まれている。しかし、成人男性の一日に必要なナイアシン摂取量をとるには、魚や肉など毎日100gとらないといけない。また、酒飲みのわたしはおそらくもっとナイアシンを摂取しないと効かないだろうから、けっこうな量を食べなければならないだろう。はっきりいって面倒だ。ということでビタミンなんだからナイアシンのサプリメントぐらいドラッグストアーにあるだろうと探す。

ナイアシンは日本で販売されていない

しかし、どこを探しても「ナイアシン」のサプリメントなんて売っていない。「ビタミンB2」や「ビタミンB6」などは売っているが、「ビタミンB3」がない。一応ビタミンBミックスみたいなものは売っており、「ナイアシン」が若干含まれているものもある。しかし、1日摂取量には満たない数量でいかにも心もとない。結論からいうと、なんとナイアシン単独での販売は日本で認可されておらず、どこにも売っていないのだ。

これは困ったぞと思い調べたら、アメリカなどではナイアシンのサプリメントを販売している。とういことでAmazonのサイトをみると、並行輸入品ながらナイアシンはちゃんと売っていた。

【国内発送】 Nature's Way ナイアシン Niacin 100mg 100カプセル [並行輸入品]

【国内発送】 Nature's Way ナイアシン Niacin 100mg 100カプセル [並行輸入品]

 

 ナイアシン100mgと一日摂取量のなんと7倍くらいあるが、ナイアシンは水溶性であり体内に残ることはないとのこと。ただし、ネットにも出ているしAmazonの評価欄にも書き込まれているのだけれど、「ナイアシンフラッシュ」という副作用がある。それは何かというと大量のナイアシンが体内に入ることで「ヒスタミン」という体内物質が放出され、手足が赤くなってすこしかゆくなる。ただそれも、30分から1時間くらいでその作用はおさまり、飲み続けていくうちに慣れてくるという。いやはや、最初、その話を知ったときは大丈夫かよとすごく不安だったが、けっこうな人が飲んでいることを知り、値段も安いこともあり購入した。

ナイアシンを摂取し続けて劇的にイライラが解消

「ナイアシン」を購入して飲み続けた結論からいうと、信じるか信じないかはお任せするが、ほんとうにイライラがなくなった。あの押さえ切れないイライラがなくなったのだ。また、普通の人でもイライラしたりキレるような場面でもまったくそんな感情が起こることがなくなった。おまけにあれだけ酒を飲むものだから翌朝はいつもだるかったけれども、そういう二日酔い的なツラさがなくなった。これはほんとうのことだ。もうびっくりである。

f:id:m-descartes:20190224140145j:image

そして、私が飲んで効いているという証拠に、このようになんと「ナイアシン100mg」から「ナイアシン500mg」へと5倍の容量のものを今飲んでいる。だけではなく、1日2錠、「ナイアシン1,000mg」も摂取している。なぜ増やしたかというと、「ナイアシン100mg」が欠品していてしかなたく「ナイアシン500mg」を買ってしまっただけ。しかし、容量を多く摂取したほうが、感覚的に効いてるかな?を思うぐらいの違いはある。

f:id:m-descartes:20190224140200j:image

それで副作用である「ナイアシンフラッシュ」は、それだけのナイアシンを飲んでいるにもかかわらず、今ではほとんどない。あっても時々で軽めに起こるくらいだ。またかれこれ1年以上飲んでいるが健康診断の血液検査による数値、とくに心配していた肝臓の値はぜんぜん変わっていなかった。というよりあれだけ酒を飲んでいるのに栄養士さんにほめられたくらい数値がよかった。

ということで長くなってしまったけれど、無性にイライラがおさまらない男性の方々にいいたい。もしかしたら「男性更年期」の症状でナイアシン不足が原因かもしれない。ものは試しにこの「ナイアシン」のサプリメントを摂取してみたらどうだろうか?自己責任でのお願いではあるけれど、あの辛いイライラがなくなるとは思ってもみなかったし、逆に気分はよくなるし本当にいうことなしである。めちゃくちゃおススメ!

ナイアシン購入上の注意と飲み方

「ナイアシン」のサプリメントには「ナイアシン」と「ナイアシンアミド」がある。くわしい違いはいわないけれど、「ナイアシンアミド」は取りすぎると肝障害が起きるといわれている。「ナイアシン」にそれはない。なので買われる場合は「ナイアシン」をおすすめする。また、いきなりはじめて「500mg」を飲むと、ナイアシンフラッシュで悶絶すること間違いないので「100mg」から飲むといい。

それと飲む時間帯は夜、特に食後に飲むといい。朝に飲んだことがあるのだけれど、ナイアシンが効いているのかボーっとしてしまう。けだるくなる感じだ。なので夜がおススメ。また食後に飲むとナイアシンフラッシュが起こりにくい。あえてナイアシンフラッシュを起こしたいのならば空腹時に飲むとなりやすい、あまりおススメしないけど。