誰にも読まれていないブログを書いてきた自分が断言する!ブログを書くことですごい効用が得られるからモチベーションは下がらない!

はてなブログを始めて約2か月になろうとする。たまに「アクセス解析」なるものをみるけれど、なんとPVはゼロ!まあ、日記ブログなので検索流入などあるわけないし、個人の思いをつづったものなんか有名人のものを除き、誰も見たくはないだろう。

それでブログを書き始めたほとんどの人が、1カ月から2か月ほどでやめていくという。それはそうだ。誰にも読まれない記事を一生懸命書くなんて、よほどのことがない限りモチベーションが続くわけがない。というわけで、私もそろそろモチベーションが、

下がりません!!

強がりとかではなく、わたしはブログを書くことのモチベーションがますます上がっている。なぜなら、ブログを書くことによってさまざまな効用が得られたからだ。ではその効用とは何か?もちろんビジネス目的、お金目的であればこれから述べる効用は無意味だ。しかし、だれにも読まれなくても構わない、けれどブログを書いてみたいという方には参考になるかもしれない。

ブログの効用その1.嫌な出来事やトラブルを客観視できる

いちばんの効用は嫌な出来事やトラブルを客観視できることだ。どういうことかというと、嫌な出来事が起こったときやトラブルに巻き込まれたとき、ものすごく落ち込んだり怒りに震えたりする。しかしブログを書く習慣ができると、嫌なことに対して「お!これはネタになる!」と考えるようになる。そうすることで負の感情を抑えることができるのだ。

たとえばクレーマーまがいのお客さんがいたときに、何でこんなことまで言われなければならないんだとか落ち込んだり、さっさと消えやがれ!とかクレーマーに対して感情をぶつけてしまう。しかし、ブログを書いていると「お!これはネタになる!このクレーマーはこれからどんなこと言うんだ?ワクワク」となる。

また出張先で、う〇こを漏らしてしまったときはものすごく情けないし絶望することだろう。しかしブログを書いていると「お!これはネタになる!これからどんなことになるんだ?ワクワク」となる。

つまり、もし嫌なことやトラブルがあったら私の頭の中で「お!これはネタになる!」というスイッチが入り、いま起こっていることを直接自分の感情に流れ込まさずに、客観的に見れるようになれるのだ。

嫌なことがあっても負の感情を生み出さずに、ブログのネタを生み出す。これがブログを書く一番の効用だ。

ブログの効用その2.読書や映画鑑賞などインプットが効率よくなる

ブログを始める前は、読書や映画鑑賞はただボケっと読んだり見たりしているだけなので、ほとんどおぼえていない。しかし、ブログを書くようになってからは「どれがネタになるか」という意識で本を読んだり映画を見るようになり、けっこう記憶に残るようになった。

そういう読み方や見方をすると不思議なもので、大切な文章や印象に残った映像が見つけやすくなる。つまりインプットの効率が良くなるのだ。

それと読書や映画はネタの宝庫なので、本を読んだり映画を見たりする時間が増え、漫然とテレビを見たりネットサーフィンをしたりするムダな時間が減ったことも大きな効果だ。

ブログの効用その3.観察力がつく

ブログを書き始めるとネタ探しが大事になってくる。そうするとあらゆることに目を配り、どこかにネタが落ちていないか探すことが多くなる。買い物先でも旅行先でも出張先でも仕事場でも、あらゆるところでネタ探しが始まる。つまり、あらゆるものをブログのネタの対象として見てしまう。

そうすると今まで興味がなかったものにも目がいったり、あまり興味がなかった人の言動や行動にも注意をはらうようになる。ようするにあらゆるものを「観察」するようになった。まあ、それで「観察力」がついているのかどうかはわからないけど、見ないよりはマシ程度には力がついているように思う。

ブログの効用その4.人と話すときネタに困らない、話がスムーズにできる

そのように様々なネタを探してブログを書いていると、自分のなかにネタのストックができる。そうすると人と話すとき、ネタの中からその人に合わせた話題を提供することができて会話に困ることがない。

私は大の人見知りなので、できることなら人と接したくない。また何を話せばいいかわからないので会話も弾まない。しかし、ブログを書くようになってからはネタの中から面白そうなものを話し、会話を弾ませることができるようになった。

また、ブログを書くことは一応ヘタながらも「構成」を考えて文章を書く。そうすると会話においてはその構成どおりに話せばいいので、スムーズに話せるようになる。以前まではちょっと話すだけでいったいどこに話のオチがあるのか決められずにだらだら話したり、いま話している話題から脱線したりと会話が面白いものではなかった。しかしブログを書くようになってからは、以前よりはマシな話し方ができているように思う。

 でも文章はうまくならないよ!

ざっとあげただけでもブログを書く効用はこれだけある。仕事においてもプライベートにおいても非常に役立っている。だから普通であれば、誰にも読まれないし、お金も入ってこないし、いったい何のためにやっているのかという疑問が浮かぶはずなのだけれど、わたしには一切そのような疑問は浮かばない。これからますますブログを書くことに邁進することだろう。

ところでよくブログを書くことで「文章を書くのがうまくなる」といわれているけれど、あれはウソである。書くことに慣れるだけで、うまくはならない。量産はできるようになるかもしれないけれど、上手にはならない。だって、文章はプロに見てもらい添削してもらう機会がないと、自分で自分の文章は評価などできるわけがないからだ。ヘタな人はいつまでたってもヘタ、ウマい人はいつまでたってもウマいのである。ようはセンスだ!と、自分の文章力はあきらめている。

というわけでブログを書かこうかどうか悩んでいる方は、すぐに始めるべきだ。恥ずかしがることはない。どんどん書いてみるべきだ。だって、だれにも読まれないんだから!これほど無責任で強い動機はないと思う。そしてお金儲け以上に、めちゃくちゃ効用があるのだからすぐに始めるべき!