「kindle oasis」の再起動方法は電源ボタンを40秒以上長押し!ということ初めて知った話

2年前にAmazonの電子書籍リーダーである「kindle oasis」を買った。たしか値段は3万5千円くらいして、めちゃくちゃ決断のいる高価な買い物だった。電子書籍リーダーなら「iPhone」もあるし、Amazonのタブレットである「FIRE HD」も持っていたのであえて買う必要はなかったのだけれど、その機能性にめちゃくちゃひかれて「ポチっ」としてしまった次第である。そして「kindle oasis」を買ってからというものその軽さや防水機能にほれ込み、これまで使い倒してきた。

しかし、おとといの休日に「kindle oasis」を使おうと電源を入れたら画面が真っ白になったまま動かなくなった。何度も電源を入り切りしても画面が真っ白のまま、いわゆるフリーズ状態になってしまう。いやはや、2年目にしてこんな高価な機械が壊れたかと落ち込んだ。

こんな高価な機械なのだから修理くらいできるだろうとAmazonのサイトを調べると、なんと!保証期間が過ぎたデバイスの修理は受け付けていないとのこと。というか「修理」すらしていない。保証期間内に故障したものはすべて新品と取り換え、保証期間外に故障したものはすべて「え~、あらためて新しいの買ってね!」だそうである。

ふざけるなあああ!

と、思わずパソコンに向かって怒鳴ってしまったけど、直接Amazonにクレームをつける勇気のない自分はそのまま泣き寝入りしてしまった。修理をしないなんて、機械を売っているくせに…。長年Amazonを利用していて初めて知った驚きの事実である。

しかたない、あきらめるかと「kindle oasis」をほっておいてのだけれど、どうしてもあきらめきれない自分は今日、「kindle oasis」の画面が真っ白になる症状で困り、解決した人がいないかいろいろ調べて回った。そしたらちゃんと解決方法があった。というより自分のうかつさに腹が立った。その解決方法とは、「kindle oasis」を

再起動させること!

たったそれだけのことだった。うかつというのは、パソコンでも携帯でもフリーズしたときは真っ先に電源を落として再起動させるのが得意なわたしが、その方法をしなかったということだ。ある時など、会社のホストコンピューターがフリーズというか、操作が不安定になったことがあった。もし壊れでもしたら大損害だけど、私は思い切ってブチっと電源を落とし再起動させ、ものの見事に復活させたことがある。従業員一同あ然である。もちろん専門の業者からは怒られた。

そんな私がこんな初歩的な対応もできなかったのである。情けない。しかし情けない以上に、実は根本的な問題として「kindle oasis」の再起動の仕方を知らない。どうするんですかグーグルさんということで、調べたら何のことはない。「kindle oasis」の再起動の方法は、

電源ボタンを40秒以上長押し!

わたし、ちょこっと電源ボタンを押していることが再起動させているもんだと思っていたら大間違い。40秒間も押していないと再起動しないのだ!ということで、さきほどググっと電源ボタンを長押しして「kindle oasis」を再起動することに成功することができた!

再起動させたときちゃんと真っ白な画面にならずに、使えるようになった。やれやれこれまでの取り越し苦労は何なんだ、というお話。

ということで、あまり私みたいなボケた人はいないと思うのだが、もし「kindle oasis」で画面が真っ白になったりフリーズした場合はあきらめずに再起動してください。そして再起動の仕方は電源ボタンを

40秒長押し!

です!